Golden Slumbers (ゴールデン・スランバーズ)

THE BEATLES(ビートルズ)動画で英語の勉強
Sponsored Link

Golden Slumbers (ゴールデン・スランバーズ)

Golden Slumbers

ゴールデン・スランバー(Golden Slumbers)は、1969年に発表されたビートルズのアルバム『アビイ・ロード(Abbey Road)』に収録されたポール・マッカートニー作の曲で「キャリー・ザット・ウェイト」→「ジ・エンド」、アンコール・ナンバーの「ハー・マジェスティー」と続くメドレーのオープニングを飾る曲である。


この曲は、ポールが実父ジム(ジェームス・マッカートニー)の家に遊びに行った際腹違いの妹(※実母のメアリーはポールが14歳の時に乳癌で死亡しているがこのアルバムの製作に取り掛かっていた頃実父ジムは再婚していて子供をもうけていた)に絵本を読み聞かせていた際「ゴールデン・スランバー」というトマス・デッカー(Thomas Dekker)作の子守唄を発見。そこから自由に手を加えて作られたものである。

なお、ゴールデン・スランバー〜キャリー・ザット・ウェイト〜ジ・エンドの一連のメドレーは、1989年から翌年にかけて行われたポールの『ゲット・バック・ツアー』で大々的に取り上げられており、日本公演でも演奏されている。リハーサルで、ポールがゴールデン・スランバーを歌ったところ、涙ぐんだスタッフがいたことにポールが驚き、取り上げることを決めたのである。
同タイトルの伊坂幸太郎の作品にもこの曲がたびたび登場する。
Sponsored Link
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。